ボトックスで副作用が起こる理由【医師の技量によって結果が変わる】

しわをとって若返る整形

カウンセリング

笑いじわをとる

ボトックスとは、ボトリヌス菌から抽出したもので、一過性の筋肉麻痺を生じさせる効果があります。医療として眼瞼痙攣や小児麻痺の治療などに用いられるほか、美容目的でも活用されています。タンパク質の一種であり、アメリカでは安全性が確立されています。日本でもボトックス注射はしわをとるアンチエイジングとして人気が高いです。しわをとるだけではなく、エラをなくして輪郭の形を整えるのにも有効です。ボトックスがしわをとるのに有効な理由は、しわのできる理由の一つに、表情筋の動きがあるからです。繰り返し笑ったり泣いたりと表情を動かすことで、しわが定着していくのです。表情筋の動く箇所にボトックスを注射することで、筋肉を麻痺して動きづらくします。それによってしわを防ぐことができます。年を取ると笑ったときに目尻のしわが顕著になったり、口元のしわが目立つようになったりしますが、注射を打つことで、目立たなくすることが可能です。一方、ボトックス注射は表情筋に影響を与えるため、打つ場所を間違えるとうまく表情が作れないなどの副作用につながる可能性があります。副作用を防ぐには慎重なクリニック選びが重要です。ボトックス注射はアンチエイジングに有効ですが、場合によっては副作用が生まれてしまいます。表情筋を緩める注射なので、打ち方を間違えると不自然な表情で筋肉が固まってしまったり、表情がうまく動かせず不自然になったりするといったことが起こってしまうのです。表情が喪失し、笑うことができなくなるというケースもあります。ボトックスは失敗してしまった後の修正は困難ですが、半年くらいで注入した分はなくなり自然と元の状態に戻ります。副作用が出たからと言って取り返しがつかなくなるわけではありません。しかし、ボトックスが体内からなくなるまでは不自然な表情で過ごさなければならず、できれば避けたい事態です。副作用を防ぐには、確かな技術を持ったクリニックを選ぶことが大切です。顔中に広がる表情筋の中から、的確な位置に注射を打てる医師かどうかを事前に知っておく必要があります。しっかりと実績のあるクリニックなのか、口コミでの評判は良いのか、過去にトラブルを起こしていないか。そういったことをインターネットなどで調べておきましょう。

Copyright© 2018 ボトックスで副作用が起こる理由【医師の技量によって結果が変わる】 All Rights Reserved.