ボトックスで副作用が起こる理由【医師の技量によって結果が変わる】

日本中に広まっている施術

医者

注目される理由とは

切らない美容整形で副作用のリスクも低く小顔を目指せると注目されているボトックス治療ですが、小顔以外にも多くの効果があります。ボトックス治療は気になる場所にボツリヌストキシンというたんぱく質を注入するだけの施術方法です。このたんぱく質が脳から筋肉への伝達を遮断する効果があり、それにより筋緊張を和らげていきます。あまり使われない筋肉は時間経過と共に痩せて細くなっていくので、このメカニズムを利用して顔が大きくなる要因であるエラをすっきりさせて小顔を目指します。筋肉の発達や緊張はしわの原因にもなります。表情を作る表情筋は緊張が過度だと、眉間などにしわを作りやすくします。表情筋の働きによってできるしわを予防・改善する事もボトックス治療でできます。意外と知られていないのが多汗症治療にも活用されている事です。これは女性が気になる腋ジミの改善ができるだけでなく、ワキガを改善・予防する事にも繋がります。ワキガは汗に含まれる脂質などを常在菌が食べる事で臭いを発します。原因である汗を抑える事で予防できるメカニズムです。これらは注射するだけで得られ、厚生労働省も薬剤を認可している程であり安全で副作用の心配がない治療方法です。ボトックス治療が注目されている理由は多くありますが、代表的な理由として3つあります。美容外科手術を受ける必要がない事と、安全で副作用も極めて少ない事、そしてダウンタイムが短い事です。美容外科手術とは言わば切開したり骨を削ったりする施術です。ボトックス治療はボツリヌストキシンを気になる部位に注射するだけです。施術時間も10分程であり、簡単で利用者の身体に負担は極めて少ない方法です。安全で副作用も少ないのは、この治療方法が世界中で認められており、使用されるボツリヌストキシンは厚生労働省が安全と認可している事が裏付けと言えます。アラガン社製が日本で唯一認められている薬剤です。最後のダウンタイムが短い事ですが、ダウンタイムとは施術を受ける前の状態に戻る為の期間を指します。つまり赤みや腫れが治まり安定するまでに掛かる時間です。切ったり縫ったりしないので、赤みや腫れも起きにくく施術後翌日も仕事や学校に違和感なく通えます。その日にメイクできるので、赤みが多少出た場合も隠せます。以上の利点があり、ボトックス治療が選ばれています。

Copyright© 2018 ボトックスで副作用が起こる理由【医師の技量によって結果が変わる】 All Rights Reserved.