ボトックスで副作用が起こる理由【医師の技量によって結果が変わる】

日本中に広まっている施術

医者

ボトックス治療は副作用が少なく手軽で簡単な美容整形です。小顔効果が良く知られていますが、しわや多汗症の改善など多くの効果があります。厚生労働省も安全を認めており、ダウンタイムも少ない事から日本中に広まっています。

詳しく見る

デメリットも知る

注射

ボトックスは安全な施術ですが、稀に副作用が起きることもあります。その内容に関してしっかりと施術前にレクチャーを受けなければいけません。安全に行うためにはどうしても先に確認をしておかなければいけないことです。

詳しく見る

しわをとって若返る整形

カウンセリング

ボトックスはしわをとったりエラをとったりする美容整形に用いられます。アンチエイジングに効果的ですが、不自然な表情になるなどの副作用が起こる場合があります。副作用を防ぐには確かな実績を持った技術のあるクリニックを選ぶことが大切です。

詳しく見る

整形治療でやること

注射

最初に予約を入れ、カウンセリングをはさんで治療に入るのが、ボトックスの一連の流れです。カウンセリングでは、不明確な部分を明るくすることが重要です。効果が出るまで時間がかかるため、治療後は副作用に気を付けつつ経過観察をします。

詳しく見る

安全性の高い美容対策

顔に触れる女性

顔のシワの問題に使えるボトックスの方法は、細菌の毒を使っているため場合によっては副作用が発生します。適切な量で治療を行えばトラブルは起こりませんが、過剰に使った場合や体質に合わないとおかしくなるので気をつけるべきです。

詳しく見る

思わぬ作用を防ぐために

看護師

経験豊富な医師に頼む

元来ボトックスは、眼瞼けいれんを治す薬として開発されました。その作用は、神経伝達物質であるアセチルコリンを伝わりにくくするというものです。緊張した状態の筋肉にボトックス注射を打つと、筋肉を動かす指令が出にくくなり、筋肉が弛緩した状態になります。国外でボトックスが表情ジワを取る目的で使われ始めてから何年も経ち安全性は確立しており、国内でも眉間のシワについては認可されています。早めにボトックス注射をし、継続していれば、深いシワになることを防ぐことが可能です。それでも筋肉を弛緩させる作用があるものなので、思わぬ副作用が生じる可能性があります。例えば、眉間のシワ取りで起こりやすい副作用が眼瞼下垂で、額に注射したときに起こりやすいのは目が開きにくくなる症状です。しかし、これは1ヶ月くらいで気にならなくなります。それから、スポック・ブローと呼ばれる眉毛外側過度挙上の状態になってしまうこともあります。注意が必要なのは、表情筋をよく使う人や眉間や前頭部の皮膚が多い人などです。ボトックス注射は、医師の技量によって結果が変わる可能性があります。表情を作る表情筋に対して注射をするため、場所や注入量を誤ると前述したような副作用が現れます。医師に求められるのは、解剖学に精通していることです。また、患者さんごとの表情筋肉の使い方や皮膚の質、余っている皮膚の量などに気をつけることも必要です。ボトックス注射後に副作用が起きたら、修正することは容易ではありません。数ヶ月から半年ほどで効果がなくなってくるので、それを待つのが基本です。カウンセリング時に、副作用が起きた場合にどう対処してくれるのかを確認しておくといいでしょう。副作用を何としても避けたいと言う場合は、独自の修正法を考えているクリニックを選ぶのも一つの方法です。しかし、最良な方法は技術力の高い医師にお願いすることかもしれません。ボトックス注入指導医だったり、症例数が豊富だったりするのが、医師選びの一つの目安です。それから、まれにボトックス製剤に対して抗体ができる人がいます。そうするとシワ取り効果が得られなくなるので、注射の頻度や量などを守るのが大切です。

Copyright© 2018 ボトックスで副作用が起こる理由【医師の技量によって結果が変わる】 All Rights Reserved.